AppleWatchのソロループは伸びやすい?4ヶ月使ってみての感想「Apple ソロループレビュー」

Apple ソロループ
B!
  • Apple ソロループってどんなバンド?
  • Apple ソロループのメリット・デメリット
  • Apple ソロループの実際の使い心地

という点に注目して、今回は「Apple ソロループ」の紹介をしたいと思います!

「ソロループの特徴」に関しては、「メリットとデメリットの部分」で紹介します!

先に結論から述べてしまうと、

  • 手首につけていないかのような装着感が最高
  • 純正品だから耐久性が高く、しっかりとした作り
  • バンドに金属部品が使われていないから、PCを傷つけない

という点が魅力的です

しかし、デメリットもあるのでそういう部分も含めてお話していこうと思います

それではお話していきます!

栽培

ソロループの良い部分と悪い部分が見えてきたよ〜

Apple ソロループの概要

Apple ソロループ
ブランドApple(アップル)
価格5,280円(税込み)
対応ケースサイズ40mm(41mm)/44mm(45mm)
バンドサイズ1〜9(手首周り12cm〜)
素材液状シリコーンゴム
カラーブラック

まずブランドは「Apple」なので、品質はもちろん安心して使える商品です!

価格はシリコンバンドに5,280円と、高く感じてしまいます…笑

栽培

さ、さすが純正品…

対応のAppleWatchは、SEシリーズや最新のSeries7まで幅広いです

「ソロループを使うにはSeries7買わないといけない」ってことは一切ないので安心ですね笑

バンドサイズは、「1〜9」の中から選ぶことができます

バンドサイズに関してですが、栽培は右手の手首周りが15cmだったので「4」を購入しました!

栽培

栽培はAppleWatchでsuicaを使うから右手に装着しているよ!

「バンドサイズの目安」としては、

1→手首周り12cm
2→手首周り13cm
3→手首周り14cm

4→手首周り15cm
5→手首周り16cm
6→手首周り17cm
7→手首周り18cm
8→手首周り19cm
9→手首周り20cm

という感じでイメージしてもらえればわかりやすいかと思います(※これはあくまでも個人的な見解です)

栽培

サイズ選びは慎重にしないとね〜

Appleの公式サイトからバンドサイズ診断できますが、手首周りは13cm〜となっています

しかし栽培が手首周りが15cmでサイズ4がちょうどよかったので、上のような目安を作ってみました!

栽培

手首の細い方はサイズを要確認だね〜

素材はいわゆるシリコンってやつですね

「伸縮性がよく、水に強い」というのが特徴です!

カラー展開はブラックの他にも、

(イングリッシュラベンダー・マリーゴールド・ダークチェリー・クローバー・チョークピンク・アビスブルー・スターライト・カンタロープ・ディープネイビー・ピスタチオ・ホワイト・トマレスブルー)

という色があり、全13色展開です!

名前だけで色が判断しにくいものもあると思うので、「Apple公式サイト」でカラーバリエーションをみてみてください笑

ソロループ購入先はこちら

Apple ソロループの装着

Apple ソロループ

Apple ソロループの装着方法はいたって簡単で、

「バンドを広げて指を通して装着する」

という感じになります

Apple ソロループ
Apple ソロループ

これで装着完了です!

「スムーズに着脱できそう」と思っている方もいるとは思いますが、実際はそうもいかないというのが正直なところです笑

Apple ソロループのメリット

ここで「Apple ソロループ」のメリットを簡単にまとめると、

  • 耐久性の高い品質
  • ピッタリとした装着感

という点が最高です!

栽培

メリットから1つずつ紹介していくよ〜

耐久性の高い品質

Apple ソロループ

「素材がしっかりしている」

というのは、長く使う上でかなり大事になってくる要素の1つです

栽培

栽培はいろんな観点で評価していくよ〜

さすがApple純正品と言わざるを得ないほどバンドにある程度の「厚み」があります

この厚みは太すぎず細すぎずで、

「耐久面も考えられたうえで薄さを実現した」

というのがみてわかります!

栽培

薄すぎてもちぎれそうだよね〜

また「Appleソロループ」がなぜしっかりした作りになっていると断言できるかというと、

「以前に互換品も購入しているから」

です!

こちらはAmazonにて購入した1,000円くらいのソロループになります

ホワイト→互換品、ブラック→Apple純正品です

こうしてみるとApple純正品のほうが厚みがあり、ちぎれそうにない耐久性です

柔らかさはそこまで変わりませんが、触ってみるとどっちが純正品かすぐに分かります笑

互換品も悪くないと思いましたが、純正品と比べてしまうと気になる部分が出てきてしまいます

ピッタリとした装着感

Apple ソロループ

ソロループの一番の特徴が、

「手首につけたときの満足度が高い」

ということです!

栽培

満足感というのは、つけていて不快に感じないってことだね!

AppleWatchのバンドで一番主流なのが、

「スポーツバンド」

ですよね

そのスポーツバンドも使い勝手がよく気に入っているのですが、ひとつだけ気に入らない点があります

それは、

「長時間手首につけていると締めつけ感を感じてしまうということ」

です!

その「締めつけ感」を感じたくないため、ソロループを購入しようと考えました

栽培

ソロループなら手首にピッタリ装着できそうだと思ったんだよね〜

ソロループはバンドが1つで、手首につけてしまえば「腕時計をしているという感覚」を忘れられます

ちょっと大げさに感じられるかもしれませんが、栽培(筆者)はそう感じました

栽培は寝るときもAppleWatchを手首につけていますが、「寝るときに腕時計をする」って最初はすごい違和感を感じました

栽培

睡眠のトラッキングを腕時計で取っているよ〜

スポーツバンドだと手首が圧迫されてしまい跡が残るほどでした

しかしソロループだと跡もそこまで残らずに快適に睡眠をすることが可能になりました

ソロループのおかげで睡眠のトラッキンがしやすくなったというのは個人的に嬉しかった部分です!

Apple ソロループのデメリット

続いて「Apple ソロループ」のデメリットについて簡単にまとめると、

  • サイズ選びが難しい
  • シリコンバンドだから伸びやすい
  • 着脱がわずらわしい

という点が惜しいです…

栽培

デメリットも1つずつ紹介していくよ〜

サイズ選びが難しい

Apple ソロループ

「ソロループはサイズ選びが難しい」

これはソロループの購入を検討しようとした人が直面する大きな壁です

普通のバンドであれば、

「調節できるようになっている」

というのがメリットです

栽培

「腕時計のバンド=調節可能」というのがスタンダードだよね

しかしソロループでは、

「サイズ調節はできず、それ以上きつくはできない」

というのがデメリットになります

栽培

広げることはできるけど、狭くするのはできないのがソロループ

手首のサイズにピッタリであれば、「最高!」と感じるはずです!

バンドサイズを失敗してしまうと、返品の手続きなどいろいろと面倒ですよね…笑

栽培(筆者)は一発でちょうどいいサイズを購入できましたが、レビューを見るとかなり失敗している人を多く見かけます

栽培

レビューを見て「手首が〇〇cmの人はこのサイズが良い」というのを参考にするのもいいと思うよ〜

ソロループを購入する際には、当たり前ですが、

「サイズを何度も確認してから購入する」

というのが大事だと思います!

シリコンバンドだから伸びやすい

Apple ソロループ

ソロループの致命的な弱点、それは、

「使えば使うほどバンドが伸びる」

ということです

伸びてしまう理由は2つあると考えています

  • バンド素材がシリコンだから
  • 着脱の際にバンドを広げるから

ソロループ購入前から「バンドの伸び」は懸念していましたが、購入してから4ヶ月経って「伸び」を感じてきてしまいました

最初の1、2ヶ月あたりはそこまで感じませんでしたが、3ヶ月あたりから違和感を感じ始めました

その違和感というのは、「AppleWatchを装着してもゆるいと感じること」です

栽培

購入当初はピッタリしていたのに、今では…

なので、

「シリコン素材のソロループは必ず伸びる」

というのを考えたうえで購入するかしないかを決めたほうが良いと思います!

着脱がわずらわしい

Apple ソロループ

冒頭の方でも軽く紹介しましたが、

「ソロループはスムーズにつけ外しができない」

というのが非常に残念な部分です

栽培

着脱のときに必ず「ひっかかり」を感じるんだよね〜

特に汗をかいていたりすると、より着脱がしづらくなります

手首にピッタリ装着するにはそのくらいのバンドの小ささ(きつさ)が必要なのですが、小さい(短い)バンドほどつけ外しがしにくくなります

つまりここで言いたいのは、

  • 短いバンドは着脱がしにくいけど装着感はバッチリ
  • 長いバンドは着脱がしやすいけど装着感はイマイチ

ということです

栽培(筆者)がおすすめするのは、装着感が最高な「短いバンド」です!

「短いバンド」のほうが伸びやすさはあるかもしれませんが、手首に対してバンドがゆるすぎるのは逆に不快に感じると思います

栽培(筆者)は少し短めの方を購入しましたが、そっちで正解でした笑

Apple ソロループの実際の使い心地

Apple ソロループ

ここまで「Apple ソロループ」のメリット・デメリットについて紹介してきましたが、ここでは、

「Apple ソロループを4ヶ月使ってみて感じた感想」

をお伝えしたいと思います!

栽培

本音でお話していくよ〜

正直使ってみて感じたのは、

「バンドが伸びてしまったら使わなくなる」

というのが本音です笑

かなり辛口な意見になりますが、本当に感じたことをお伝えしたいと思ったので許してください笑

栽培

全部の商品が自分に合うとは限らないよね〜

購入当時はかなり満足度が高く、「装着感」が最高でした…

しかし長く使っていると段々と満足感が薄れていき、やがて使わなくなってしまいました

なので今は普通に純正のスポーツバンドを使っています

栽培

いつも最後はスポーツバンドに戻ってくるんだよね〜

とまあ辛辣なコメントはここまでで、「ソロループという金属部品を使わないバンド」は初めてだったので初めて見たときは衝撃を受けました

PC作業をするときにシリコン素材オンリーなのでPCを傷つけることはないですし、締めつけ感が少ないので「腕時計特有のむず痒さ」もあまり感じません

バンドの中では画期的アイテムではありますが、大切に扱っていてもいずれは満足できなくなってくるという部分が残念です

ソロループで得られた満足感は、「一瞬だけの幸福」ってやつですかね…笑

まとめ(こんな方におすすめ)

Apple ソロループ

というわけで今回は「Apple ソロループ」について紹介をしました!

シリコン素材だけなので、PCを傷つけずに安心して仕事ができる商品です

栽培

金属部品を使っていると、ノートPCにコツコツ当たるんだよね〜

「Apple ソロループ」がどんな方におすすめかというと、

  • ソロループを試してみたいけど、互換品で失敗したくない方
  • バンドの装着感を重視している方
  • スポーツバンドでは満足できない方

におすすめしたいバンドになります!

互換品との比較がそこまでできていないので、今度レビューするかもしれないです

このブログでは、主に僕(栽培)が気になっているモノ・ことを投稿する場にしようと思っています!少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです!次回の投稿もお楽しみに

以上

ソロループ購入先はこちら
B!

Follow me!